2013年06月01日

ウェディング・パニック 1


「題名からいきなり異国後を混ぜるな! 斬られたいのか」by.岡田以蔵
……えーと。これはふじさん宅『ふらふらおぼろ』で連載されている、武市半平太ルート二次創作シリーズ第九話までを下敷きにした……大バカ・アホ・タワケ・でたらめ・めちゃくちゃ、の3どころか5拍子は余裕で取りそろえた二次っていうか三次創作……いや、ドタバタ・パロディです。ふじさんのお話はご本人が付け焼き刃とおっしゃるのは絶対、謙遜だ!と勝手に思ってるくらいしっかり作られている素敵なお話です。是非、ふじさんのお話読んでくださいね。
……で、以下は、龍魔幻の悪乗りです。(一応、カオスな悪乗りするよ、とだけ言って許可はとった…はず……)。とっても大ざっぱな流れとしては『幕末志士〜』の武市さんルート途中まで→寺田屋事件って美味しいの?→いろいろなことを乗り越えて、当人同士ではご婚約………ご婚約記念に押しつけます。
……の、つもりだったんですが、アホが暴走してキリが無いので、見切り発車でGo!



―――――――――――――――

場所、薩摩藩邸。高杉晋作は桂小五郎の襟首ひっ捕まえる勢いでやってきました。その姿は、虎と言うよりイノシシだ、と、薩長双方の使用人ではこっそり伝説あつかいに。さて……

高杉「聞いたか、大久保さん。ついに、やっと、いや、よくも! だ!!」
大久保「……今更だが、君は落ち着いた方がいい、と言っても無駄だろう。茶の一つも待てとまでは言わないが、せめて座って、誰だか何だかくらいは言ってもらわねば、何がどうしたのかまったく伝わらないぞ。……それから、桂くんの息が止まりそうだから、せめて手を離したまえ」
高杉「…落ち着いてなんぞ居られるか! ちょっと顔を出したら坂本や岡田、中岡の様子がおかしいから締め上げた!」
大久保「だから、肝心なところが抜けている、と言っている。……桂くん、息はしているか?」
桂「ええ。晋作に変わりご無礼をお詫びしま…(まだ苦しいようです)…す」
大久保「面倒見が良いのはかまわんが、加減したまえよ。今更だろうが…。桂くんの反応では、世間全般の大事件、ではなさそうだな……」
高杉「俺にとっては大事件だ!」
大久保「君の大事件は基準にならん。とにかく座って、難しいことは言っても無駄だろうから、誰がどうした、くらいは補足したまえ」
 高杉、不満顔でやっと座った…女中の出したお茶を片手で一気飲み(とっても不作法)
高杉「…あいつと武市が、ようやくっっっ!まとまる約束をした、ようだ。他の連中にも曖昧らしいが」
大久保「…予定調和じゃないか。まあ、いつも騒がしい高杉くんには似合いか…(呆れ)」
高杉「ちがう! 問題はその先だ。あ!の! 武市が、あいつを娶ったら、どうすると思う?」
大久保「まぁ、鉢くらいはかぶせるかもしれんな」
桂「まぁ、塗り籠めとは行かなくても箱に隠すくらいは…」
高杉「それが大問題だ!あいつは無駄に顔が広い上に祭好きなのに、武市ごときに妨害されるんだぞ」
大久保「……だが、小娘も好んで付き合うのだろう? なんの問題も……」
高杉「あいつや武市が良くても、俺には大問題だ!……で……」

 ―――― 2名楽しげに密談中 ―――

大久保「よし、乗ってくれよう。貸しは高いぞ?」
高杉「それは武市に付けといてくれ」
桂「……むしろ、斬られないように気をつけた方が……」
大久保・高杉「小娘(あいつ)と一緒の時だけ顔見れば大丈夫だ」

―――――――――――――――――――
ウェディング・パニック 2 へ続きます


……まだまだイントロですorz
短くまとめるとか長さの勘定とかは言葉遊山以外ではぶん投げる…


posted by 龍魔幻(りゅーま) at 08:59
web拍手 by FC2 | Comment(7) | TrackBack(0) | 二次創作…っぽいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
なにやら楽しげな展開が。フフッ

え?鉢?
ああ、鉢かぶり姫かあ。
と、なっとく。

りゅーまさんはホント守備範囲が広くて、
あちらへこちらへと飛んでいらっしゃいますねえ。

あ、そうそう。
舞え舞え蝸牛、古本でゲットしました。(送料込み250円)これから読みます。
Posted by 茶々 at 2013年06月02日 09:22
>茶々さん
楽しげというかカオス妄想文章化…(汗
難がいっぱい出てくるでしょうが笑い飛ばしすか呆れていただければ…
鉢は鉢かぶり姫、です…が、先に月光条例の鉢っちゃんが出てくるorz
守備範囲が…広いんじゃ無くて偏ってるだけです(福山といわれてアニソン歌手しか浮かばない大問題人間)……お褒めいただいていいのかしら…

『舞え舞え蝸牛』ありがとうございます〜、性分に合わなくても恨まないでくださいませ…世間評価高いので大丈夫と思いますが
Posted by りゅーま at 2013年06月02日 10:09
うふふ、内容一緒だけど、こっちで読んだ方が面白かったです〜、字数の関係?
高杉さんのいう事ももっともですよね〜。結婚したらきっと閉じ込めそう(笑)。
自分が留守の間に大久保さんとか桂さんとか高杉さんとか龍馬さんが来たら、烈火のごとく怒りそう。
こうして考えると、先生ってケッコンに向かない・・・やっぱダメンズかぁ〜(笑)
でも好きですが(〃ω〃)
Posted by ふじ at 2013年06月02日 21:39
あ、書き忘れました。
うちのおはなしのご紹介まで、ありがとうございます〜。
謙遜じゃなくて事実ですよ〜(笑)
許可もなにも、こっちが楽しみにしてるくらいですので、続き、がんばってください!
Posted by ふじ at 2013年06月02日 21:43
>ふじさん
ありがとうございます。同じ内容なのに…は……なんででしょう? 細かいとこ省いた他は、三点リーダー削ったり、泣く泣く一番最初の以蔵くん削ったりしただけなんですが……
環境もあり、ふじさん作の武市さんのすさまじい妬心あり…から出てきた妄想なので……楽しんでいただけるシリーズに出来ると良いな、と。通常営業だけだと、たぶん堅苦しいのでorz


個人的に、二次創作の文章物では特に、一番見ちゃうポイントが、パラレル設定物を除外すると、時代感覚や世界観把握なんです。で、勝手に自分の中で、ふじさんの作品はかなりの上位ランクに入ってます…けっこうあさり続けてきたつもりなのですが。

それに、ふじさんのお話なくしてコレは(しょーもない話ですが…)出てこなかったので、当然! あらゆる意味で宣伝してしかるべき、と。
脂ののりの良いウチにがしがしいくか、がっつり練るのに時間かかるかちょっと解りませんが、おつきあいお願いできれば幸いです。

誰に拒否られても勝手にやらかします…(^^;

こちらにまでコメント、ありがとうございます。
Posted by りゅーま at 2013年06月02日 22:15
ふじさんのところからやってまいりました♪
いや〜ん、めっさおもろい!
すんごく勢いがあって、読みやすいです♪
さあ、2へいくぞ〜!
Posted by Sora at 2013年06月04日 21:02
>Soraさん
ご来訪、ありがとうございます。
普段の書き方が長い、すっとろいと仲間内で評判なのと(--;ふじさんのお話がしっかりしてらっしゃるので敢えて真逆手法に挑戦してみましたが…読みやすいとおっしゃってくださって、ほっ、としております。……展開は……勢い感じてくださったとしたら、イノシシパワー?
Posted by りゅーま at 2013年06月05日 06:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック